Cisco

EIGRP

【EIGRP】Feasible Successor(フィージブルサクセサ)

 宛先に対して複数パスがある場合、EIGRPではバックアップパスを設定することができます。このバックアップパスはフィージブルサクセサ(Feasible Successor)とも呼ばれます。  バックアップパスになるには、条件があり、...
EIGRP

【EIGRP】Feasible DistanceとAdvertised Distance

 EIGRPでは最適なパスを選択するのに、メトリック値を使用します。メトリック値は、帯域幅、遅延、負荷、および信頼性の値を元に割り当てられ、メトリック値が低いほど、最適なルートとなります。  例えば、以下のようなメトリックを割り当て...
EIGRP

【EIGRP】パケット(Hello / Update / Query / Reply / Ack)の詳細

 EIGRPルータ間でやり取りされるパケットは大きく5種類(Hello / Update / Query / Reply / Ack)に分類されます。  EIGRPの基本設定は以下を参考にしてください。 >> 参...
EIGRP

【EIGRP】基本設定とネイバー・ルーティングテーブルの確認

 シスコ独自のルーティングプロトコルであるEIGRP(Enhanced Interior Gateway Routing Protocol)について説明します。EIGRPは、ハイブリッド型ルーティングプロトコルと呼ばれ、ディスタンスベクタ...
Cisco

【Cisco】フローティングスタティック

 スタティックルートはAD値=1であり、どのダイナミックルーティングより小さい値です。そのため、ダイナミックルーティングで学習されたルートより、スタティックルートの方が優先されます。  ただし、実際のネットワークで、ダイナミックルー...
Cisco

【Cisco】Administrative Distanceと動作確認

 同じルーティングプロトコルから複数経路で、同一ルートを受信した場合、使用しているルーティングプロトコルのメトリックの仕様(OSPFならコスト、RIPならホップ数など)に基づき、最適な経路を選択します。  では、OSPFとRIPなど...
BGP

【BGP】ルートリフレッシュ(clear ip bgp * in / out) 動作確認 Cisco

 BGPのルート情報の交換(アップデート)は、ルート情報が変更された場合に、差分のみアップデートされます。ルート情報が変更されるたびに、全ルート情報を交換するのは、非効率であり、理にかなった動作です。ただし、ポリシー変更(例えば、属性値の...
BGP

【BGP】プライベートASの削除 動作確認 Cisco

 BGPのプライベートAS番号の範囲は64512~65535です。これらのAS番号はインターネットのグローバル環境へ広告する前にAS-PATHから削除するのが一般的です。Ciscoでは、remove-private-asコマンドによりプラ...
BGP

【BGP】AS-PATHフィルタ 動作確認 Cisco

 BGPルートはAS-PATHフィルターを使用して、特定のASからのルートを許可や拒否することができます。 ASの特定条件を指定するのに、正規表現をよく使います。  正規表現については、以下の記事を参照してください。 ...
BGP

【BGP】正規表現と主な使用例 Cisco

 正規表現を用いることで、特定のASパスを条件にして、BGPルートの参照やフィルタができます。正規表現で使用できる主な文字列は以下の通りです。 文字列説明_ (アンダースコア)数字以外の任意の文字列(AS番号間のスペースに使用す...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました