Microsoft 365

Microsoft 365

Intune – Microsoft StoreアプリをWindowsデバイスに配信(Acrobat Reader)動作確認

この記事では、Microsoft Store アプリをIntune経由で、Windowsデバイスに展開する手順を確認します。 Microsoft Storeアプリとして、今回は「Adobe Acrobat Reader DC」を展開します。...
Microsoft 365

Intune – Microsoft365 アプリをWindowsデバイスに配信 動作確認

Microsoft Intuneを使用すると、WordやExcelなどのMicrosoft365アプリをWIndowsデバイスに簡単に配布することができます。 この記事では、Entra ID参加しているWindows11デバイスに対して、I...
Microsoft 365

Intune – Windows Update 更新リングの設定

従来のWSUSなどのように、Microsoft Intuneにおいても組織内のデバイスに対してセキュリティパッチや機能更新を効率的に運用することができます。 この記事では、Entra参加デバイスに対し、Intuneを使って、Windows更...
Microsoft 365

グループポリシーを使用してIntuneへデバイス登録

下記の記事では、Entra ID参加デバイスを、自動的にIntuneにもデバイス登録する手順を確認しました。 >> 参考記事 :Entra ID 参加デバイスをIntuneへ自動登録する ただし、Entraハイブリッド 参加しているデバイス...
Microsoft 365

Intune – 構成プロファイルによるデバイス管理 動作確認

Intuneにおける構成プロファイルは、Active Directoryのグループポリシーのようなもので、組織内のデバイスに対して、デバイス設定や機能を一元的に適用することができます。 Intuneにおいては、Windowsデバイスに加え、...
Microsoft 365

Entra ID – 条件付きアクセス(社外からのみMFA)

下記は、ユーザーがクラウドアプリへアクセスする際に、多要素認証を強制する記事です。 >> 参考記事 :Entra ID – 条件付きアクセスで多要素認証を強制 ただし、社内の信頼された場所からアクセスした場合は、多要素認証をバイパスさせたい...
Microsoft 365

Entra ID – 条件付きアクセスで多要素認証を強制

条件付きアクセスは、ユーザーやデバイスのアクセス条件に基づいて、接続先のクラウドアプリやリソースへのアクセスを制御します。 条件付きアクセスでは、このアクセス条件に応じて、多要素認証を強制させることができます。 この記事では、ユーザーがOf...
Microsoft 365

条件付きアクセス(Entra ハイブリッド 参加デバイスのみ許可)動作確認

条件付きアクセスは、ユーザーやデバイスのアクセス条件に基づいて、接続先のクラウドアプリやリソースへのアクセスを制御します。 実際によくあるシナリオとして、社給デバイスからしか、EntraID経由で、特定のクラウドアプリケーションへ接続させな...
Microsoft 365

Entra ID – デバイス登録(Entra ハイブリッド参加)手順と動作確認

Entra ハイブリッド参加は、すでにActive Directoryにドメイン参加しているデバイスを、Microsoft Entra テナントにもデバイス登録することです。 Microsoft Entra Connect を経由して、ドメ...
Microsoft 365

Intune – コンプライアンス状態に基づく条件付きアクセスポリシーの設定と動作確認

条件付きアクセスは、ユーザーやデバイスのアクセス条件に基づいて、接続先のクラウドアプリやリソースへのアクセスを制御します。 例えば、Intuneにおけるデバイスのコンプライアンスが非準拠であれば、特定のクラウドアプリケーションには接続させな...
スポンサーリンク