BIG-IP

【BIG-IP LTM】SSLアクセラレーション設定と動作確認 Version: 16.1.2

SSLアクセラレーション機能により、HTTPSアクセスにて、クライアントとサーバ間でSSLの暗号・復号をするのではなく、クライアントとロードバランサ間でSSLの暗号/復号を行うことで、サーバの処理負荷を軽減することができます。 下記...
BIG-IP

【BIG-IP】SSH/HTTPS管理アクセス制限 Version: 16.1.2

リモートからの管理アクセスは、大きく、CLI(SSH) とHTTPSによるWebベースのGUI(Configuration Utility)に分かれます。管理アクセスを送信元のアドレスで制限することにより、不正アクセスのリスクを低減し、よ...
BIG-IP

【BIG-IP】よく使用するCLI コマンド Version: 16.1.2

BIG-IPのソフトウェアはRedHat系(CentOS)ベースで構成されています。通常のRedhat系ベースのbashに加え、BIG-IP専用の操作ができるTMOS(Traffic Management Operating System...
BIG-IP

【BIG-IP LTM】アドレス変換(NAT) と動作確認 Version: 16.1.2

BIG-IPで設定するアドレス変換について記事にします。 BIG-IPからノード(実サーバ)へロードバランスする際に、そのレスポンスが必ずBIG-IPを経由するようにするため、送信元NATする場合があります。特にワンアーム接続の場合...
BIG-IP

【BIG-IP】DNS、NTPサーバの設定と動作確認 Version: 16.1.2

BIG-IP自身が名前解決や時刻同期ができるよう、DNSサーバやNTPサーバを設定することができます。この記事では、DNSとして、8.8.8.8と8.8.4.4を設定し、NTPサーバとして、time.google.comを指定します。 ...
BIG-IP

【BIG-IP LTM】セッションパーシステンスの設定と動作確認 Version: 16.1.2

負荷分散装置の負荷分散方式(ラウンドロビンや比率など)は、クライアントからの初回アクセスをどのサーバに転送するのかを決定するために使用されます。 下記では、クライアントからの初回アクセスをWeb-01に転送しています。負荷分...
Windows Server

【Windows Server 2019】よく使用する調査・確認コマンド

Active Directoryサーバなど、Windowsサーバの現行設定や稼働状況を確認するのに、Powershellを使用して効率よく情報取得することができます。 この記事では、私が調査時によく使用するコマンドとその出力例を記事...
Windows Server

【Windows Server 2019】iSCSIの設定と動作確認

ストレージエリアネットワーク(SAN)は、ストレージ用ネットワークの総称で、iSCSI(Internet Small Computer System Interface)やFC(Fibre Channel)を用いて、ネットワーク経由で、外...
Windows Server

【Windows Server 2019】DFS名前空間とレプリケーションの設定と動作確認

分散ファイルシステム(DFS:Distributed File System)にて、ドメイン環境の複数サーバ間の共有フォルダを一元管理できる仕組みが提供されていいます。DFSでは大きくDFS名前空間とDFSレプリケーションに分かれます。 ...
Windows Server

【Windows Server 2019】FSRMによるファイルスクリーン設定と動作確認

FSRM(ファイルサーバーリソースマネージャー)は、ファイルサーバ等の共有フォルダに対して、ディスクスペースを制限するクォータ管理機能、およびファイル拡張子をもとにファイルをブロックするファイルスクリーン機能を提供します。 この記事...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました