【EIGRP】Hello送信時間とホールドタイム

EIGRP

EIGRPのデフォルトのHello送信間隔は5秒で、ホールドタイムは15秒です。 これらの値を変更することができますが、少々注意が必要です。

以下の構成を例に確認します。基本設定は以下の記事も参考にしてください。

スポンサーリンク

Hello間隔の変更

R2でHello間隔を変更します。デフォルトは5秒ですが、1秒に変更します。

R2(config)# interface fastEthernet 0/0.23
R2(config-subif)#ip hello-interval eigrp 100 ?
  <1-65535>  Seconds between hello transmissions
R2(config-subif)#ip hello-interval eigrp 100 1

キャプチャを取得すると、R2からのHello間隔が1秒になっています。

当然ながら、R3のHello間隔は5秒のままです。

スポンサーリンク

ホールドタイムの変更

R2でホールドタイムを変更します。デフォルトは15秒ですが、60秒に変更します。

R2(config)# interface fastEthernet 0/0.23 
R2(config-subif)# ip hold-time eigrp 100 ?
  <1-65535>  Seconds before neighbor is considered down
R2(config-subif)# ip hold-time eigrp 100 60

ここで、R3のEIGRPネイバーの状態を確認します。

R3# show ip eigrp neighbors
EIGRP-IPv4 Neighbors for AS(100)
H   Address                 Interface              Hold Uptime   SRTT   RTO  Q  Seq
                                                   (sec)         (ms)       Cnt Num
0   192.168.23.2            Fa0/0.23                 58 00:08:47   34   204  0  15

R2でホールドタイムを設定したのに、R3側でR2へのホールドタイムが60秒に変更されています。

EIGRPでは、自身のホールドタイム値をHelloパケットにてネイバーに通知する仕組みとなります。R2からのHelloパケットは以下の通りで、自身のホールドタイムを60秒として、ネイバーへ通知します。

R3はこれにより、R2へのホールドタイムを60秒として認識します。

R2とR3間の通信を遮断します。

遮断後、約15秒後にR2でホールドタイムが期限切れになったログが出力されます

R2#
*Sep 22 08:24:19.643: %DUAL-5-NBRCHANGE: EIGRP-IPv4 100: Neighbor 192.168.23.3 
(FastEthernet0/0.23) is down: holding time expired

R3ではまだホールドタイムの期限切れは起きておらず、遮断後、約60秒後にR3でホールドタイムが期限切れになったログが出力されます。

R3#
*Sep 22 08:25:03.463: %DUAL-5-NBRCHANGE: EIGRP-IPv4 100: Neighbor 192.168.23.2 
(FastEthernet0/0.23) is down: holding time expired

R2で変更したホールドタイムはR3側の動作に影響されることを確認してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました