【Windows Server 2019】グループポリシーによるネットワークドライブ(ドライブマップ)設定

Windows Server

Active Directoryのグループポリシー機能により、ユーザや端末環境を一元管理することができます。

この記事では、所属しているOUによって、その組織に応じたネットワークドライブを割り当てる設定を確認します。

スポンサーリンク

OUとユーザの設定

ActiveDirectory ユーザーとコンピュータ に 

  • 営業部OU:山田一郎(yamada)
  • 技術部OU:鈴木二郎(suzuki)

を追加します。

スポンサーリンク

共有フォルダの作成

共有フォルダを作成します。今回は、Active Directory(AD-1)上に作成します。 まず、「共有」という名前の共有フォルダの中に、「共通」「営業部」「技術部」フォルダを作成します。

スポンサーリンク

グループポリシーの設定

グループポリシーを作成し、所属の部署に対して、その組織に応じたネットワークドライブを割り当てます。

営業部ユーザへのドライブマップ

サーバーマネージャー >> ツール >> グループポリシーの管理 をクリックします。

ドメイン hirotanoblog.localの配下の営業部OUを右クリックし、「このドメインにGPOを作成し、このコンテナにリンクする」をクリックします。 

新しいGPOの名前として、任意の名前(今回は、「共有フォルダ-営業部」)を設定し、OKをクリックします。

以下のように登録されます。

登録されたGPOを右クリックし、編集を選択します。

グループポリシー管理エディタが表示されます。ユーザの構成 >> 基本設定 >>Windowsの設定 >> ドライブマップ をクリックします。 

右側のウィンドウを右クリックし、新規作成 >> マップされたドライブ をクリックします。

以下のとおり設定します。

  • アクション:作成、置換、更新、削除 を選択できます。今回は更新を選択します。
  • 場所:マップしたい共有フォルダのパスを設定します。今回は、¥¥ad-1¥共有¥営業部 です。
  • 再接続:チェックを入れます。
  • ラベル営業部 とします。
  • ドライブ文字:次の文字を使用 をチェックし、W を選択します。

OKをクリックすると以下のとおり、登録されます。

すでに、営業部ユーザであるyamadaでADログオンしているWIndows端末で、コマンドプロンプトを開き、gpupdate /force を実行します。

その後、エクスプローラーを確認すると、Wドライブに営業部という名前のネットワークドライブがマップされています

技術部ユーザへのドライブマップ

技術部ユーザに対しても同様に設定します。 グループポリシー管理エディタから技術部のGPOを作成し、編集します。

技術部も営業部同様に設定します。

すでに、技術部ユーザであるsuzukiでADログオンしているWIndows端末で、営業部同様に、gpupdate /force を実行します。

その後、Wドライブに技術部というネットワークドライブがマップされていることを確認します。

営業部/技術部で共通のドライブマップ

営業部、技術部どちらのユーザにも共通で共有するフォルダをドライブマップします。 グループポリシーの管理で、ドメインレベル(hirotanoblog.local)にGPOを作成し、リンクします。

名前は、共有フォルダ- ドメイン共通 とします。

作成したGPOを編集します。

新規作成 >> マップされたドライブ をクリックします。

共通」という共有フォルダを、Zドライブにマッピングします。

OKをクリック後、以下のように設定されます。

では、営業部ユーザであるyamadaでログオンした端末で、再度、gpupdate /force を実行します。

すると、Zドライブとして「共通」がマッピングされていますWドライブ(営業部)はそのままです。

技術部ユーザであるsuzukiでも同様です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました