【Windows Server 2019】FSRMによるクォータ設定と動作確認

Windows Server

FSRM(ファイルサーバーリソースマネージャー)は、ファイルサーバ等の共有フォルダに対して、ディスクスペースを確保するため、保存データサイズを制限するクォータ管理機能を提供します。この記事では、FSRMをインストールし、共有フォルダに対しての、クォータ設定と動作を確認します。

FSRMでは、ファイル拡張子をもとにファイルをブロックするファイルスクリーン機能も提供しています。ファイルスクリーン機能については、下記の記事を参考にしてください。

  >> 参考記事 :  FSRMによるファイルスクリーン設定と動作確認
【Windows Server 2019】FSRMによるファイルスクリーン設定と動作確認
FSRM(ファイルサーバーリソースマネージャー)は、ファイルサーバ等の共有フォルダに対して、ディスクスペースを制限するクォータ管理機能、およびファイル拡張子をもとにファイルをブロックするファイルスクリーン機能を提供します。この記事...
スポンサーリンク

FSRMセットアップ

インストール

FSRMは共有フォルダを公開しているサーバ上にインストールします。

インストールは、サーバーマネジャーの役割と機能の追加にて、サーバの役割からファイルサーバリソースマネージャーを選択します。

下記画面が表示されるので、機能の追加をクリックします。

ファイルサーバーリソースマネージャーにチェックが入っているのを確認し、次へをクリックします。

機能の追加は不要のため、何もせず、次へをクリックします。

インストールをクリックします。

しばらくすると、インストールが完了します。

起動

FSRMの起動は、サーバーマネージャーからツール >> ファイルサーバーリソースマネージャー をクリックします。

下記のとおり、起動します。

スポンサーリンク

クォータ設定の概要

AD-1のCドライブに予め共有フォルダとしてSales-Dataを作成しているものとします。

クォータには一般的によく使用される設定のテンプレートが用意されており、フォルダに適用することができます。テンプレートは、クォータの管理 >> クォータのテンプレートより確認できます。

クォータを設定するには、クォータ管理 >>クォータ を右クリックし、クォータの作成 をクリックします。

下記の画面が表示されます。ここで、クォータ制限したいローカルフォルダをクォータのパスで指定し、適用するクォータをクォータプロパティより適用します。

スポンサーリンク

ハードクォータのよる制限

設定

クォータのパスに対象のローカルパスであるC:¥Sales-Dataを指定し、テンプレートにある100MB制限を適用します。

作成をクリックすると、下記のとおり表示されます。

クォータの種類はハードで、制限したサイズ以上のデータは保存ができません。そのため、このフォルダは最大100MBまでの保存に制限されます。

動作確認

共有ファイルに99MBのデータは保存できました。

FSRMを確認すると、使用率が99%となっています。

それでは、この共有フォルダに1MBのファイルを保存します。

すると、クォータにひっかかり、下記のとおり、保存ができません。これはクォータの種類がハードのため、制限したサイズ以上のデータは保存ができません。

ソフトクォータのよる制限

設定

クォータのパスに対象のローカルパスであるC:¥Sales-Dataを指定し、テンプレートにある500MB共有の監視を適用します。

下記のとおり登録されます。クォータの種類はソフトです。

上の設定をダブルクリックし、詳細を確認します。

ソフトクォータで、制限値を超えたデータ量を保存することが許可され、監視用に使用と記載されています。

制限値を超えた場合のアクションとして、通知のしきい値が設定できます。今回はしきい値を超えた際のイベントログを確認します。

上の設定では、しきい値100%と120%を超えた場合は、イベントログが出力されます。警告(100%)をクリックすると、下記のようなフォーマットでイベントログが出力されるように設定されています。

動作確認

100MBのファイルを4つ保存しました。

500MBがしきい値のため、使用率は80%であることが確認できます。

この状態で、100MBのファイルをもう1つ増やしましたが、保存できます。

トータル500MBになりました。使用率が100%であることが確認できます。

通知のしきい値の設定により、しきい値が100%の場合、イベントログが出力されます。イベントログにて、Windowsログ >> Application を確認すると、しきい値を超えた旨のログが出力されています。

もう一つ100MBのファイルを増やすと、使用率は120%となります。

通知のしきい値の設定により、しきい値が120%の場合もイベントログが出力されます。

カスタムテンプレート設定

テンプレート作成

AD-1のCドライブに2つフォルダを追加します。(Manager-DataとCustomer-Date)

今までの設定では、予め用意されていたテンプレートを適用しましたが、自身で、制限値などを自由に設定することもできます。

C:¥Manager-Dataに対して、カスタムでクォータを設定します。クォータパスを設定し、カスタムクォータのプロパティを定義する にチェックをいれ、カスタムプロパティをクリックします。

例えば、ソフトクォータとして、300MBをしきい値とし、しきい値110%を越えるとイベントログに出力するようにします。

制限値を300MBとし、ソフトクォータを選択のうえ、通知のしきい値の追加をクリックします。

しきい値を110と設定し、イベントログタブより、イベントログへ警告を送信するにチェックをいれ、OKをクリックします。

通知しきい値が登録されていることを確認し、OKをクリックします。

作成をクリックします。

今の設定をテンプレートとして保存するか否か確認されます。今回はテンプレート名:300MB共有の監視 として保存します。

下記のとおり登録されます。どのテンプレートをソースとして、クォータを設定したのかもわかるような出力となっています

テンプレート未作成

テンプレートを作成せず、クォータ設定することもできます。C:¥Cutomer-Dateに対して200MBハードクォータを作成します。

テンプレートは作成しませんので、下記のとおり、チェックを入れ、OKをクリックします。

設定したクォータのソーステンプレートが空欄であることを確認できます。

テンプレートの変更

テンプレート適用済みのクォータの変更

下記のとおり、3フォルダに対して、カスタムテンプレートで作成した300MB共有の監視を適用したとします。

ここで、C:¥Sales-Dataだけ、制限値を300MB→400MBに増やします

制限値が400MBに変更されます。また、テンプレートの一致がはい→いいえへ変更されています。これにより、ソーステンプレートから設定変更されていることが確認できます

テンプレート変更によるクォータへの反映

カスタムで作成した”300MB共有の監視”テンプレートの制限値を350MBに変更したいとします。クォータの管理 >> クォータのテンプレートより、300MB共有の監視を選択します。

名前と制限値を変更し、OKをクリックします。

すると、この変更したテンプレートをどのクォータに反映するのか確認されます。今回はデフォルトのテンプレートに一致しているクォータのみに適用します。

テンプレートの一致がはいとなっているクォータのみにテンプレートが反映されていることが確認できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました