【Fortigate】SSLインスペクション(certificate-inspection)設定と動作確認 FortiOS6.2.4

Fortigate

現在のWeb通信の大半がhttps:// で始まるURLであり、SSLで暗号化されています。Fortigateでは、この暗号化された通信に対して、アンチウイルスや侵入検知を行うには、SSLインスペクションdeep-inspection)を使用し、一旦、データを復号化し、中身を検査することが必要です。

>> 参考記事 : SSLインスペクション(deep-inspection)設定と動作確認 FortiOS6.2.4

ただし、deep-inspectionの場合、端末にルート証明書をインストールする必要があり、かつ、機器への処理負荷も高くなります。 SSLインスペクションには、もう一つ、証明書インスペクションcertificate-inspection)という機能があります。これは、SSLのハンドシェイクから証明書情報を観察し、コモンネームの情報を入手します。これは、一旦、通信を復号化するわけではないので、端末にルート証明書をインストールする必要がありません。また、機器への処理負荷も軽減されます。

では、certificate-inspection を適用した場合、UTM機能(アンチウイルス、侵入検知、アプリケーションコントロール、Webフィルタ)がどのような動作になるのか、確認していきます。

スポンサーリンク

証明書インスペクション(certificate-inspection)

端末からサーバ向きポリシーで、SSLインスペクションをcertificate-inspectionに設定します。また、アンチウイルス、Webフィルタ、アプリケーションコントロール、IPSを有効にし、プロファイルをdefaultにします。

それでは、certificate-inspection でそれぞれのUTM機能がどのような動作になるのか、確認していきます。

スポンサーリンク

アンチウイルス

eicarをダウンロードし、アンチウイルスが機能するか否か確認します。

ダウンロードすると、ウイルスとして検知することなく、ダウンロードができました。

ウイルス検知は、certificate-inspectionでは、機能しないことがわかります。

>> 参考記事 : UTM(アンチウイルス)の設定と動作確認 FortiOS6.2.4
スポンサーリンク

侵入検知

Googleで、/etc/passwdと検索することで、Web.Server.Password.Files.Accessのシグネチャで検知するかどうか確認します。

以下の通り、フィルタされることなく、検索結果が表示されます。これもhttpsの暗号化されている中で、データが送信されているため、復号化無しでは検知することができませんでした。

>> 参考記事 : UTM(侵入防止)の設定と動作確認 FortiOS6.2.4

アプリケーションコントロール

端末から、GoogleやYoutubeの動画を視聴してみます。

アプリケーション名が表示されます。certificate-inspection でもアプリケーション名が表示されます。deep-inspectionを設定して、同じ操作をしてみます。

鍵マークのついたアプリケーション名が表示されています。先ほどは動画視聴もYoutubeという分類でしたが、deep-inspectionにすることで、Youtube_Video.Playとより詳細にアプリケーションを認識しています。鍵マークにカーソルを合わせると、SSLのdeep-inspectionが必要であることが確認できます。

>> 参考記事 : アプリケーションコントロールの設定と動作確認 FortiOS6.2.4

Webフィルタ

Webフィルタのdefaultのプロファイルで、ストリーミングメディアとダウンロードをブロックに設定し、ポリシーのSSLインスペクションをcertificate-inspectionに設定します。

では、Youtubeへアクセスすると、ブロックされます。

【ログ&レポート】-【Webフィルタ】でもYoutubeがブロックされていることが確認できます。

certificate-inspectionにより、接続先サーバのコモンネームがわかることで、Webフィルタは機能します。

>> 参考記事 : UTM(Webフィルタ、URLフィルタ)の設定と動作確認 FortiOS6.4.3

以上のようにSSLインスペクションのdeep-inspectioncertificate-inspectionでは、UTMの動作が異なります。この特性を意識して、稼働環境への適用を検討してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました