【Fortigate】パケットキャプチャの取得手順 FortiOS6.2.4

Fortigate

ネットワークの障害切り分けを目的に、Fortigateを通過するパケットをキャプチャすることができます。 今回使用しているOS 6.2.4 では、GUIより取得できます。

port2を通過するパケットを取得します。 GUIで、ネットワークパケットキャプチャ- 新規作成を選択します。

すると下のような画面に遷移します。

インタフェースで、通過パケットを取得したいインタフェースを指定します。今回は、port2と指定します。

最大キャプチャパケット数は、デフォルト4000のままとします。キャプチャ数に制限があるため、通常はIPアドレスやポート番号をフィルタして取得するのが望ましいです。

今回は、端末の10.0.1.10にフィルタするものとします。 フィルタを有効にして、ホストに10.0.1.10を入力し、OKをクリックします。

以下のような画面となります。これではまだ、キャプチャは開始されていません。

port2をダブルクリックします。キャプチャ中という項目が増えています。▶︎の再生マークをクリックします。

キャプチャが開始され、最大キャプチャパケット数の何パーセントが取得されているか確認できます。停止するには、■をクリックします。

停止後、ダウンロードボタンをクリックすると、pcapファイルが取得できます。

ファイル名として、port2.root.1.pcapというファイルがダウンロードされます。

pcapファイルをWireSharkで開くと、キャプチャデータが参照できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました