【VMWare ESXi】図解 ファイバーチャネル SAN (FC-SAN)の概要

VMWare

SANとはストレージエリアネットワーク(Storage Area Network)のことで、サーバとストレージを接続するネットワークのことを言います。SANには、主にIPアドレスを使用して接続するIP-SANと光ケーブルで、ファイバーチャネルプロトコル(FCP)を使用して接続するFC-SANの2種類に分かれます。

この記事では、ファイバーチャネルストレージ(FC-SAN)の概要について記事にします。

スポンサーリンク

FC-SANの基本構成

ホストとストレージの間には、ファイバーチャネルスイッチ(FCスイッチ)と呼ばれるスイッチがあり、光ケーブルを介して接続されます。

ホスト側のFCスイッチへ接続するインタフェースをHBA(Host Bus Adapter)と言います。

ストレージには、複数のディスクが搭載され、RAIDにより単一ディスクのように構成されており、ストレージプロセッサ(RAIDコントローラ)が光ケーブルでFCスイッチに接続されています。ホストとストレージ間のSCSIコマンドは、ファイバーチャネルプロトコル(FCP)を介して、やり取りされます。

光ケーブルのファイバーチャネルを介した通信は、8Gbpsや16Gbpsなどの高速転送が可能です。

RAID構成については、以下を参照ください。

>> 参考記事 : 【初心者・わかりやすく】RAIDシステムの種類
スポンサーリンク

WWN (World Wide Name)

ファイバーチャネルでは、ネットワーク上のノードとポートのアドレスに8バイトのWWN (World Wide Name ワールドワイドネーム) が割当てられ、識別されます。これらはイーサネットのMACアドレスにとても似ています。

先頭2バイトは、ベンダ側でスイッチのポート番号などを元に、割り当てられ、後ろ3バイトは、ボードのシリアル番号などによりベンダ側で割り当てます。 真ん中3バイトはIEEEにより予め割り当てられています。

また、各ポートにも名前が付けられており、ノード上のポートをNポート、FCスイッチ上のポートをFポート、FCスイッチ間のポートをEポートと呼びます。

スポンサーリンク

LUN( 論理ユニット番号 )

LUN は、物理ディスク(RAID構成されたディスク)をパーティションに論理的に分割します。

LUN を使用することで、ディスクの物理的な側面を隠し、マウント可能なボリュームをホスト(もしくは、オペレーティングシステム)に提示することができます。

例えば、RAID構成されたディスクに3つのLUN(LUN#1、LUN#2、LUN#3)が構成されているとします。

FCの場合、ホスト側のHBA(イニシエータ)からストレージ側(ターゲット)側に接続し、LUNの情報を取得します。

SANゾーニング

セキュリティの観点で、FCスイッチ上を論理分割することにより、各ノード間(ホスト、ストレージ)のアクセスを制限することができます。 これをSANゾーニングといい、イーサネットスイッチ上のVLANにとても似ています。

例えば、営業部と技術部でストレージが分かれており、お互い接続できないようにする場合、ゾーンAとゾーンBに分け、それぞれに接続できるホストとストレージを制限します。

LUNマスキング

通常は、ホスト(イニシエータ)はストレージ(ターゲット)よりすべてのLUN情報を取得します

セキュリティの観点よりホストが特定のLUN情報しか取得できないようにすることができます。これをLUNマスキングといい、ストレージ側(ストレージプロセッサ)で設定します。ストレージ側で、イニシエータのWWNと情報取得できるLUNを紐付けます。

例えば、以下の例では、ESXiホスト1では、LUN#1が取得でき、ESXiホスト2では、LUN#2が取得できます。

ホストがLUNの情報を取得すると、ESXiホストの場合、LUNをマウントし、ファイルフォーマットのうえ、データストアを作成します。概要は、以下の記事を参照ください。

>> 参考記事 : 【VMWare ESXi】図解 仮想ストレージ(仮想ディスク、データストア)の概要

コメント

タイトルとURLをコピーしました