【OSPF】 Graceful Shutdown

OSPF

 OSPFルータを停止する際、OSPFプロセスを手動でシャットダウンすることで、ネイバーにOSPFプロセス停止を伝えることができます。これによりネイバーは、Helloタイマーに依存することなく、OSPFプロセス停止を認識するため、ネットワークの収束(コンバージェンス)が改善されます。

スポンサーリンク

Graceful Shutdownの設定と動作確認

 R1のOSPFプロセスをシャットダウンするとします。現在の隣接状態を事前に確認します。

R1# show ip ospf neighbor
Neighbor ID     Pri   State           Dead Time   Address         Interface
2.2.2.2           1   FULL/DR         00:00:38    192.168.12.2    FastEthernet0/0.12


R2# show ip ospf neighbor
Neighbor ID     Pri   State           Dead Time   Address         Interface
1.1.1.1           1   FULL/BDR        00:00:36    192.168.12.1    FastEthernet0/0.12

 R1のOSPFプロセスで、shutdownコマンドを実行します

R1(config)# router ospf 1 
R1(config-router)# shutdown 
R1(config-router)#
*Jul 19 03:05:58.827: %OSPF-5-ADJCHG: Process 1, Nbr 2.2.2.2 on FastEthernet0/0.12 
from FULL to DOWN, Neighbor Down: Interface down or detached

 R1ではすぐにR2とのネイバー状態がダウンします。これ以降は、R1からHelloパケットが送信されません。 ここで、R2の隣接状態を確認します。

R2# show ip ospf neighbor


Neighbor ID     Pri   State           Dead Time   Address         Interface
1.1.1.1           0   INIT/DROTHER    00:00:14    192.168.12.1    FastEthernet0/0.12

 R1からシャットダウンの通知を受けたことで、状態がINITとなっています。Deadタイマー(デフォルト40秒)経過後、INIT状態からDOWN状態へ推移します

R2#
*Jul 19 03:06:38.987: %OSPF-5-ADJCHG: Process 1, Nbr 1.1.1.1 on FastEthernet0/0.12 
from INIT to DOWN, Neighbor Down: Dead timer expired
スポンサーリンク

シャットダウン時の動作

 R1でをshutdownコマンドを実行した直後、R1からR2へ2つのOSPFパケットが送信されます。

LSUpdate

 LS Age フィールドを最大値である3600秒に設定して、LSUpdateをネイバー(R2)に送信します。これにより、R2はR1から受信したLSAをフラッシュします。

Helloパケット

 DR / BDRが0.0.0.0に設定され、Neighborフィールド無しのHelloパケットをネイバー(R2)に送信します。

 このHelloパケットを受信することで、ネイバー(R2)は隣接状態をFULLからINITへ変更します。

スポンサーリンク

シャットダウンからの復旧

 R1のOSPFプロセスをno shutdownコマンドを実行します。すると、隣接関係はすぐに復旧します。

R1(config)# router ospf 1 
R1(config-router)# no shutdown
R1(config-router)#
*Jul 19 03:34:22.191: %OSPF-5-ADJCHG: Process 1, Nbr 2.2.2.2 on FastEthernet0/0.12 from 
LOADING to FULL, Loading Done

コメント

タイトルとURLをコピーしました