【DMVPN】フェーズ1上のOSPF(point-to-multipoint non-broadcastタイプ)

OSPF

 OSPFのpoint-to-multipoint non-broadcastネットワークタイプの動作を確認します。point-to-multipointとほとんど同じですが、ネイバーを手動で設定する必要があることが異なります。

 では、以下の構成でOSPFのネットワークタイプをpoint-to-multipoint non-broadcastにします。DMVPNの構成は以下の記事を参照してください。

また、OSPFの基本設定は以下を参照してください。

設定は以下の通りです。

R2(config)#interface tunnel 0
R2(config-if)#ip ospf network point-to-multipoint non-broadcast
R5(config)#interface tunnel0
R5(config-if)#ip ospf network point-to-multipoint non-broadcast
R6(config)#interface tunnel 0
R6(config-if)#ip ospf network point-to-multipoint non-broadcast

 トンネルインタフェースのOSPF状態を確認します。ネットワークタイプがPOINT_TO_MULTIPOINTで、Helloインターバルが30秒、Deadインターバルが120秒であることが確認できます。

R2#show ip ospf interface tunnel0

Tunnel0 is up, line protocol is up 
  Internet Address 192.168.0.2/24, Area 0, Attached via Network Statement
  Process ID 1, Router ID 2.2.2.2, Network Type POINT_TO_MULTIPOINT, Cost: 1000
  Topology-MTID    Cost    Disabled    Shutdown      Topology Name
        0           1000      no          no            Base
  Transmit Delay is 1 sec, State POINT_TO_MULTIPOINT
  Timer intervals configured, Hello 30, Dead 120, Wait 120, Retransmit 5
    oob-resync timeout 120
    Hello due in 00:00:07
  Supports Link-local Signaling (LLS)
  Cisco NSF helper support enabled
  IETF NSF helper support enabled
  Index 2/2, flood queue length 0
  Next 0x0(0)/0x0(0)

 point-to-multipoint non-broadcastネットワークでは、ネイバーを自動検出しないので、neighborコマンドで静的にネイバーを設定する必要があります。

R2(config)# router ospf 1
R2(config-router)# neighbor 192.168.0.5
R2(config-router)# neighbor 192.168.0.6

 すると、ネイバーがアップします。neighborコマンドはルータ間のどちらか一方だけ設定すれば良いです。

%OSPF-5-ADJCHG: Process 1, Nbr 5.5.5.5 on Tunnel0 from LOADING to FULL, Loading Done
%OSPF-5-ADJCHG: Process 1, Nbr 6.6.6.6 on Tunnel0 from LOADING to FULL, Loading Done

 R2で隣接状態を確認します。

R2# show ip ospf neighbor  

Neighbor ID     Pri   State           Dead Time   Address         Interface
6.6.6.6           0   FULL/  -        00:01:53    192.168.0.6     Tunnel0
5.5.5.5           0   FULL/  -        00:01:53    192.168.0.5     Tunnel0

 ネットワークをポイントツーポイントリンクの集まりと考えるため、DR / BDRの選出はありません。そのため、Broadcastネットワークタイプで、DR/BDRと表示されているところが、「-」となっています。

 R5とR6の隣接状態も確認します。DR / BDRの選出はありません。そのため、スポーク側で優先度の変更も必要ありません

R5#show ip ospf neighbor 

Neighbor ID     Pri   State           Dead Time   Address         Interface
2.2.2.2           0   FULL/  -        00:01:55    192.168.0.2     Tunnel0
R6#show ip ospf neighbor 

Neighbor ID     Pri   State           Dead Time   Address         Interface
2.2.2.2           0   FULL/  -        00:01:42    192.168.0.2     Tunnel0

 ハブルータであるR2のルーティングテーブルを確認すると、スポーク側のIPアドレスを32ビットの経路として学習していることがわかります。

R2# show ip route ospf

      5.0.0.0/32 is subnetted, 1 subnets
O        5.5.5.5 [110/1001] via 192.168.0.5, 00:02:53, Tunnel0
      6.0.0.0/32 is subnetted, 1 subnets
O        6.6.6.6 [110/1001] via 192.168.0.6, 00:02:53, Tunnel0
      192.168.0.0/24 is variably subnetted, 4 subnets, 2 masks
O        192.168.0.5/32 [110/1000] via 192.168.0.5, 00:02:53, Tunnel0
O        192.168.0.6/32 [110/1000] via 192.168.0.6, 00:02:53, Tunnel0

 スポーク側のルーティングテーブルを確認します。

R5# show ip route ospf 

      2.0.0.0/32 is subnetted, 1 subnets
O        2.2.2.2 [110/1001] via 192.168.0.2, 00:03:07, Tunnel0
      6.0.0.0/32 is subnetted, 1 subnets
O        6.6.6.6 [110/2001] via 192.168.0.2, 00:02:57, Tunnel0
      192.168.0.0/24 is variably subnetted, 4 subnets, 2 masks
O        192.168.0.2/32 [110/1000] via 192.168.0.2, 00:03:07, Tunnel0
O        192.168.0.6/32 [110/2000] via 192.168.0.2, 00:02:57, Tunnel0
R6# show ip route ospf

      2.0.0.0/32 is subnetted, 1 subnets
O        2.2.2.2 [110/1001] via 192.168.0.2, 00:03:19, Tunnel0
      5.0.0.0/32 is subnetted, 1 subnets
O        5.5.5.5 [110/2001] via 192.168.0.2, 00:03:19, Tunnel0
      192.168.0.0/24 is variably subnetted, 4 subnets, 2 masks
O        192.168.0.2/32 [110/1000] via 192.168.0.2, 00:03:19, Tunnel0
O        192.168.0.5/32 [110/2000] via 192.168.0.2, 00:03:19, Tunnel0

 ネクストホップのアドレスが全てハブルータ(192.168.0.2)であることが特徴です。DMVPNフェーズ1では、全ての通信はハブルータを経由する構成となるため、問題になりません。

 R5からR6のループバックアドレスにトレースルートを実行します。

R5# traceroute 6.6.6.6
Type escape sequence to abort.
Tracing the route to 6.6.6.6
VRF info: (vrf in name/id, vrf out name/id)
  1 192.168.0.2 16 msec 44 msec 36 msec
  2 192.168.0.6 108 msec 80 msec 80 msec

 ハブルータであるR2(192.168.0.2)を経由していることがわかります。

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました