【NAT】用語整理(Inside/Outside, local/ global)

Cisco

 NAT(アドレス変換)はIPアドレスを変換する機能です。一般的には内部で使用しているプライベートアドレス(Non Routable Private IP Address)を外部インターネットへ接続可能なグローバルアドレス(Globally Routable)に変換することで、内部のデバイスがインターネットへ接続できるようになります。 この場合は、インターネットの接続ルータで、送信元アドレスを内部プライベートアドレスから外部グローバルアドレスに変換します。

スポンサーリンク

4つの用語のまとめ

 Inside/Outside, local/ globalの4つの用語の意味をまとめます。

用語意味
内部ネットワーク(Inside)   自分の管理下にあるネットワークのことで、例えば、会社内や自宅内のネットワークなど
外部ネットワーク
(Outside)
自分の管理外のネットワークで、例えば、インターネットなど
ローカル
(local)
ネットワーク内部のプライベートネットワークの空間
グローバル
(global)
グローバルにルーティング可能なアドレスであるパブリックIPアドレス空間
スポンサーリンク

Inside/Outsideとlocal/ globalの組み合わせ

 NATでは、以下の4つの用語を理解する必要があります。

用語意味
Inside local      自身の管理下(Inside)にあるプライベートアドレス(local)         
Inside global自身の管理下(Inside)にあるパブリックアドレス(global) 
Outside local自身の管理外(Outside)にあるプライベートアドレス(local)
Outside global自身の管理外(Outside)にあるパブリックアドレス(global)

コメント

タイトルとURLをコピーしました