【OSPF】ABRでのLSAタイプ3 経路フィルタリング

OSPF

 エリア間のルート情報はLSAタイプ3を使用しますが、このルート情報をarea filter-listコマンドによりフィルタすることができます。この設定はABRで実施します。このフィルタで重要なのはどの方向(IN/OUT)にフィルタを適用するかです。

 IN側(インバウンド)は、指定したエリアに入っているルート情報が適用され、OUT側(アウトバウンド)はそのエリアから発信されるルート情報に適用されます。

スポンサーリンク

基本設定

R1(config)#router ospf 1
R1(config-router)# network 1.1.1.1 0.0.0.0 area 12
R1(config-router)# network 192.168.12.0 0.0.0.255 area 12
R2(config)#router ospf 1
R2(config-router)# network 192.168.12.0 0.0.0.255 area 12
R2(config-router)# network 192.168.23.0 0.0.0.255 area 23
R2(config-router)# network 192.168.25.0 0.0.0.255 area 0
R3(config)#router ospf 1
R3(config-router)# network 3.3.3.3 0.0.0.0 area 23
R3(config-router)# network 192.168.23.0 0.0.0.255 area 23
R5(config)#router ospf 1
R5(config-router)# network 192.168.25.0 0.0.0.255 area 0

 ルーティングテーブルを確認します。各ルータで、1.1.1.1/32、および3.3.3.3/32を学習していることがわかります。

R1#show ip route ospf

      3.0.0.0/32 is subnetted, 1 subnets
O IA     3.3.3.3 [110/3] via 192.168.12.2, 00:00:01, FastEthernet0/0.12
O IA  192.168.23.0/24 [110/2] via 192.168.12.2, 00:11:11, FastEthernet0/0.12
O IA  192.168.25.0/24 [110/2] via 192.168.12.2, 00:11:08, FastEthernet0/0.12
R3#show ip route ospf

      1.0.0.0/32 is subnetted, 1 subnets
O IA     1.1.1.1 [110/3] via 192.168.23.2, 00:03:28, FastEthernet0/0.23
O IA  192.168.12.0/24 [110/2] via 192.168.23.2, 00:03:28, FastEthernet0/0.23
O IA  192.168.25.0/24 [110/2] via 192.168.23.2, 00:03:24, FastEthernet0/0.23
R5#show ip route ospf

      1.0.0.0/32 is subnetted, 1 subnets
O IA     1.1.1.1 [110/3] via 192.168.25.2, 00:04:03, FastEthernet0/0.25
      3.0.0.0/32 is subnetted, 1 subnets
O IA     3.3.3.3 [110/3] via 192.168.25.2, 00:04:03, FastEthernet0/0.25
O IA  192.168.12.0/24 [110/2] via 192.168.25.2, 00:04:03, FastEthernet0/0.25
O IA  192.168.23.0/24 [110/2] via 192.168.25.2, 00:04:03, FastEthernet0/0.25
スポンサーリンク

インバウンドのフィルタ

 インバウンドのフィルタは特定のエリア宛のルート情報をフィルタリングします。今回は、エリア12宛の3.3.3.3/32をフィルタするものとします。

まず、3.3.3.3/32のみを拒否するプレフィックスリストを定義します。

R2(config)#ip prefix-list TO_AREA12 deny 3.3.3.3/32
R2(config)#ip prefix-list TO_AREA12 permit 0.0.0.0/0 le 32

ABRであるR2でarea filter-listコマンドによりフィルタリング設定をします。

R2(config)#router ospf 1
R2(config-router)# area 12 filter-list prefix TO_AREA12 in

 設定後、しばらくすると、フィルタが適用されます。R1のルーティングテーブルを見ると、3.3.3.3/32が無くなっていることがわかります。

R1# show ip route ospf

O IA  192.168.23.0/24 [110/2] via 192.168.12.2, 00:11:37, FastEthernet0/0.12
O IA  192.168.25.0/24 [110/2] via 192.168.12.2, 00:11:34, FastEthernet0/0.12

 R5のルーティングテーブルを見ると、3.3.3.3/32は存在します。

R5#show ip route ospf

      3.0.0.0/32 is subnetted, 1 subnets
O IA     3.3.3.3 [110/3] via 192.168.25.2, 00:12:49, FastEthernet0/0.25
O IA  192.168.12.0/24 [110/2] via 192.168.25.2, 00:12:49, FastEthernet0/0.25
O IA  192.168.23.0/24 [110/2] via 192.168.25.2, 00:12:49, FastEthernet0/0.25

 エリア12宛の3.3.3.3/32のみフィルタされていることが確認できます。

スポンサーリンク

 アウトバウンドのフィルタ

 アウトバウンドのフィルタは特定のエリアからのルート情報をフィルタリングします。今回は、エリア12からの1.1.1.1/32をフィルタするものとします。

 まず、1.1.1.1/32のみを拒否するプレフィックスリストを定義します。

R2(config)#ip prefix-list FROM_AREA12  deny 1.1.1.1/32
R2(config)#ip prefix-list FROM_AREA12 permit 0.0.0.0/0 le 32

 ABRであるR2でarea filter-listコマンドによりフィルタリング設定をします。

R2(config)#router ospf 1
R2(config-router)# area 12 filter-list prefix FROM_AREA12 out

 R3、R5のルーティングテーブルを見ると、1.1.1.1/32が無くなっていることがわかります。

R3#show ip route ospf

O IA  192.168.12.0/24 [110/2] via 192.168.23.2, 00:12:45, FastEthernet0/0.23
O IA  192.168.25.0/24 [110/2] via 192.168.23.2, 00:12:41, FastEthernet0/0.23
R5#show ip route ospf

      3.0.0.0/32 is subnetted, 1 subnets
O IA     3.3.3.3 [110/3] via 192.168.25.2, 00:12:49, FastEthernet0/0.25
O IA  192.168.12.0/24 [110/2] via 192.168.25.2, 00:12:49, FastEthernet0/0.25
O IA  192.168.23.0/24 [110/2] via 192.168.25.2, 00:12:49, FastEthernet0/0.25

 エリア12からの1.1.1.1/32のみフィルタされていることが確認できます。

参考

IP Routing: OSPF Configuration Guide, Cisco IOS Release 15M&T - OSPF ABR Type 3 LSA Filtering [Cisco IOS 15.4M&T]
IP Routing: OSPF Configuration Guide, Cisco IOS Release 15M&T -OSPF ABR Type 3 LSA Filtering

コメント

タイトルとURLをコピーしました