【AWS】ネットワーク(リージョン、AZ、VPC、サブネット)設定確認

Amazon Web Service

AWSのネットワーク概念について、記事にします。AWSで、何かサービスを提供したい、仮想サーバを構築したいとなった場合、まず、最初にネットワークを構築する必要があります。

スポンサーリンク

リージョン(Region)とアベイラビリティゾーン(AZ)

ネットワークを構築する際に、まず考えないといけないことはリージョンアベイラビリティゾーンです。

リージョン(Region)

AWSのサービスを提供している地域のことをリージョンといいます。まず、AWSをどのリージョンで展開するのかを決める必要があります。

アベイラビリティゾーン(AZ)

アベイラビリティゾーン(AZ)とは、簡単にいうと、物理的なデータセンタのことをいいます。リージョンの中に複数のデータセンタ(AZ)が存在します。複数のAZにサービスを展開することで、あるデータセンタがダウンした場合に、他のデータセンタで継続してサービスを提供できるようになります。

どのリージョンでサービスを提供し、どのAZでサーバを構築するのかを決定します。

下記サイトよりリージョンとAZを確認できます。日本では、アジアパシフィックの中に、2021年7月時点で、東京と大阪リージョンが存在します。

  >> 参考:  リージョンとアベイラビリティーゾーン

例えば、東京リージョンでは、アベイラビリティーゾーン: 4 とあります。これは、東京リージョンの中に、データセンタ群が4つありますという意味です。 

リージョンによって、提供されているサービスが異なります。下記のURLより確認できます。

  >> 参考:  AWS リージョン別のサービス表
スポンサーリンク

VPC(Virtual Private Cloud)

VPC(Virtual Private Cloud)は、AWS上の仮想ネットワーク環境です。リージョンを決めてから、VPCを作成します。

VPCはリージョンをまたがって使用することはできません。

VPCを作成する際に、VPC内で使用するIPアドレスの範囲をCIDRの形式(ネットワーク部 /(スラッシュ)サブネットマスク値)で設定します。

サブネットマスク値の範囲は/16〜/28までです。

このCIDRの形式の大きなネットワークを小さなサブネットに分割して使用します。

下記の図は、VPCのIPv4CIDRブロックとして10.0.0.0/16を設定し、その中からサブネットとして、10.0.1.0/24と10.0.2.0/24を分割して使用するイメージです。

また、サブネットはアベイラビリティゾーンに対して、紐づきます。

サブネットはアベイラビリティゾーンをまたがって使用することはできません。

スポンサーリンク

VPC設定

東京リージョンにVPCを設定し、以下のような VPC、AZ、サブネットを構成します。

リージョンの指定

ポータル右上よりリージョンとして東京を選択します。

検索でVPCと入力すると、VPCの設定ポータルのリンクが表示されます。

VPCを新規作成します。左のVPCをクリックしたあと、右上のVPCを作成をクリックします。

VPCの名前IPv4CIDRブロックを設定します。

  • 名前:任意の名前。今回はMyVPCとします。
  • IPv4CIDRブロック:このVPCで使用する予定のIP範囲をCIDR形式で設定します。今回は、10.0.0.0/16とします。

以上を設定し、VPCを作成 をクリックすると、VPCが作成され、画面の上部に下記のメッセージが出力されます。

VPCをクリックすると、新しいVPC(MyVPC)がIPv4CIDR 10.0.0.0/16で作成されていることが確認できます。

下記のような構成ができました。

では、VPCの中に、サブネットを作成していきます。

サブネット

VPCで設定したIPv4CIDRブロック10.0.0.0/16を細かくサブネットに分割します。

今回は、2つのサブネット(10.0.1.0/2410.0.2.0/24)を設定します。

左のサブネットをクリック後、右上のサブネットを作成をクリックします。

どのVPCに紐づくサブネットなのか選択します。今回は、MyVPCに紐づけます。

  • 名前:任意の名前を設定します。今後、インターネットへ公開するサブネットとして使用したいため、public-subnetという名前にします。
  • アベイラビリティゾーン:サブネットはAZと紐づけます。AZをまたぐようにサブネットを設定することはできません。指定しないこともできます。今回は、東京  ap-northeast-1aを選択します。
  • IPv4 CIDRブロック:10.0.0.0/16の範囲内を分割したサブネットをCIDR形式で設定します。今回は、10.0.1.0/24とします。

サブネットを作成 をクリックすると、下記のように追加されます。

下記の図のとおり、サブネットが作成されました。

同様の手順で、インターネットへ公開しないサブネットを設定します。

  • 名前:private-subnet
  • AZ : 東京  ap-northeast-1a
  • IPv4 CIDRブロック:10.0.2.0/24

これで、最終的に下記のような構成が出来上がります。

今回の記事では、VPCを設定し、その中にサブネットを割り当てました。

次回は、このサブネットにインターネットゲートウェイやNATゲートウェイを紐づけ、ルートテーブルを設定することで、インターネットへ接続できるようになります。

このサブネット内に仮想マシンを構築し、インターネットへサービスを公開したりできるようになります。

  >> 参考記事 :  【AWS】ネットワーク(ルートテーブル、インターネットゲートウェイ、NATゲートウェイ)設定確認
【AWS】ネットワーク(ルートテーブル、インターネットゲートウェイ、NATゲートウェイ)設定確認
下記の記事では、図のようなネットワーク構成(VPC、サブネット)を作成しました。 >> 参考記事 : 【AWS】ネットワーク(リージョン、AZ、VPC、サブネット)設定確認今回、インターネッ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました